ソフトウェアアップデート"EPSON EP-806A Series"ーその後

前回、ダイアログがうるさくどうしようもなかったので、最後の手段をとりました。

タスクマネージャでダイアログを出しているプログラムを確認し、そのプログラムをリネームしたw(内部的にはファイルが見つからないって大騒ぎしているだろうなぁ)→ ダイアログは出てこないし、プリントで不具合もない。安寧の日々をおくっています。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ソフトウェアアップデート"EPSON EP-806A Series" がしつこい!

ほとんど毎日の様にどこからともなく湧いてくるダイアログ

たしかにプリンターはある!ただ、補償期限切れで、メーカーから見放された機械なので、互換インクで日常のプリント業務をこなしている。だから、もうアップデートは不要だ。変にアップデートして互換インクが使えなくなると困るのでもうなにもせず、静かに見守って欲しいのに、ソフトウェアアップデートのダイアログが24時間ごとにでて来る...

ソフトウェアアップデートを利用するために、必要なソフトウェアをダウンロードしてインストールします。(ソフトウェアアップデート:EPSON EP-806A Series)

タスクマネージャでファイルの場所を確認するもそこから先ができなかった

  • ウチでは2台のPCとWi-Fiでつながっているのだけど、もう1台からは出ないらしい。一度間違えてアップデートしたから?
  • とにかく出ない設定にしたいだけなので、それらしいい設定があるのかと思ったが見つからず、とりあえず「デバイスマネージャ>プリンタ>EP-806A」のプロパティダイアログでドライバーを無効にしてみた。
  • もし、印刷ができなくなったらGoogle クラウドプリントドライバーで印刷するつもり。

タスクマネージャでプログラム名を確認

タスクマネージャでダイアログのプログラムは「E_UPBX02.EXE」であり、実体は「E_IUCLKJ.EXE」であることを確認した。この行を右クリックするとエクスプローラーでそのプログラムがある場所を開いてくれる。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Epsondirectでプリンターの消耗品が扱い中止なのは、単に製品型番の解釈が内部的に複数あるという恥ずかしいバグのせい

Epsondirectは、Epsonの直営のショップで、エプソン純正プリンターインクを買うのにずっと利用している。

何故高い純正インクを?って思うかもしれないが、作品出力専用に買ったプリンターが高級なので、修理にいつでも出せるようにだw.それに、直営ショップは、結構頑張っていて、ポイント還元率が高くポイントのプレゼント(誕生日とかバレンタインとか春とか)があるので、今のところAmazonで、2,3本買うのよりはオトクな感じだ。

ところが、1つ疑問があった。私の所有する「PX-5VII」は、高級インクジェットとして、まだまだ現役なはずなのに、所有プリンターの消耗品でリンクをクリックすると、いつも「取扱がありません」となる。そんなはずはない!フラッグシップとして登場したプリンターが、数年で市場から消える?

しかし、プリンターのインクをトップから辿っていくと79番の竹は存在している。なので、いつもインクのトップから辿って行ってた。ダイレクトにリンクしていないのは面倒だけど。

「PX-5VII」と「PX-5V2」の違いだった。

あり得ない間違いに気づいたのは偶然、URLを見たから。

☓ http://shop.epson.jp/goods/landing/begin.do?page=5&prod=SC-PX5VII&rurl=https%3A%2F%2Fshop.epson.jp%2Fmemberinfo%2Fmenu%2Fbegin.do

◯ http://shop.epson.jp/goods/landing/begin.do?page=5&prod=SC-PX5V2&rurl=https%3A%2F%2Fshop.epson.jp%2Fmemberinfo%2Fmenu%2Fbegin.do

問題は報告済。直らないのは......。

いろいろと事情はあっても、とにかく直すというスピード感がものすごく重要だと思うんだけどな。

1つ報告しておくと、このレポートを読んだっぽい営業からインクのお伺い電話がかかってきた。
「インク代わりに買いましょうか?」

「報告の中で自分は買えてるけど、リンク切れ起こしていて恥ずかしいですよって」なのに、あたかも買えていない様になってるしwww

もう、レポートするだけムダなのかな。てか、リンク切れのログでているはずだけど読んでいないのか~。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Evernoteの同期ができない時の対処は、データベースの再構築が手っ取り早い(Windows版の話)

Evernoteは、クラウド型なので、サーバーが正、ローカルはキャッシュだと思うこと。

  • 同期に失敗すると、ソフトウェアの同期ボタンの上に「!」がでる。
  • 疑うべきはネットワークやEvernoteのサーバーが正しく動いているか?
  • 再構築するために、ローカルにしかないノート(つまり同期に失敗している分)は、エクスポートする必要がある。
  • ノートのエクスポートは、拡張子(.enex)でしておく。
  • データベースは、ユーザーディレクトリ\Evernote\Databasesにある。
  • 構成はSuraface Pro 3(Corei5 8/256 Win10 Pro/64bit)。Evernoteの全ノート約4000、うちゴミ箱に1000。
  • データベースのメインファイルが3.2GBあったので無線LANでやり通すのは大変だと言っておく。(16時間かかったw) 

データベース再構築の手順

同期できていないノートは、エクスポート機能を使って書き出しておく。コレを実行してもノートが消えるわけではない。同期完了分がわからないときは、evernote.com にサインインして、サーバーのノートと見比べる、サーバーのノートがコピー元になるので、サーバーに無いノートは、このあとの作業で永遠に失われてしまう。

現ノート(同期エラーの原因を含有)のバックアップは、データベースディレクトリ丸ごとコピーでいいと思う。

  1. Evernoteアンインストール!
    ちなみに、再インストールするだけで同期エラーが解消することもあるらしい。
  2. データベースファイルを削除!
    Evernoteソフトウェアを削除するだけでは消えないので手動で削除。
    データベースファイルは C:\User\ユーザー名\Evernote\Databases。
  3. 最新のEvernoteをインストール!
    インストーラは,evernote.comで普通に入手。
  4. Evernoteを起動するとアカウントを求められるので普通にサインイン。
  5. まっさらなノートにサーバーから1件づつノートをダウンロードして同期がはじまる。
    同期が終わるまではなにもしないほうが良いだろうと思いそのまま電源が落ちない設定にして16時間放置。
  6. 同期が終了する(=同期アイコンのクルクルが止まる)のを待って同期できていなかったエキスポートファイルをインポートして、完了

Evernoteのデータは消えなかったが16時間作業が中断するのは忙しい時には、困ったものだ、ということで、ローカルのコピーを保持(3.2Gも!)これは現実的でない。かと言って、クラウド同期のDropbox やOneNote内にDatabasesを置くと警告が出る......良い運用方法を考えないとなぁ ← イマココ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AmazonPrimeNowの購入履歴はカスタマーから閲覧できない。

Amazonなのでと、安心して使っていると。

  • 領収書が好きなタイミングで印刷できない(履歴がWebで閲覧できないですから)
  • 経費として計上するのを忘れる(Nowで買うものほど、手に入る速度優先、金額に糸目をつけないから)
  • 保証期間に壊れた時メーカーにそれが保証期間内であることを説明するのが面倒(納品書もないので問い合わせないと購入日も不明だったりw)

全部、Amazonのカスタマーサポートに問い合わせれば答えが出てくることですが、通販しているヒトはそういう関わりとか、やり取りが煩わしいから、なのに。逆戻り。何を取るかですかね。ホントに今日必要なのか確認しないと。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Windows10のISOファイルがあれば、回復ドライブ作成に失敗しても大丈夫!

原因不明の回復ドライブ作成失敗、常駐アプリも全部外してもダメで行き詰まっていたところ、神様がw

  • 「Windows 10 のダウンロード」が公式にある。
  • WindowsのISOファイルをマイクロソフトからツール(ISOファイルのダウンンローダー)を使用して、イメージファイルをダウンロードしたら、DVD-Rに焼いておこう。CD-Rに入る容量じゃないw
  • あと、プロダクトキーが必要になるかもだから、動いているOSのプロダクトキーを参照出来るツールでプロダクトキーを控えておくと良い。特にWindows10では、プロダクトキーのシールがパソコンを買っても貼ってないからプロダクトキーは不明だ。

肝心のページ「Windows 10 のダウンロード」は見事にわかりにくいので、キャプチャを貼っておきます。

  • 「ツール」と呼ばれるダウンローダーで、イメージをローカルに保存します。
  • 「+」マークをクリックして出てくるのは解説だけです。この先に何かあるわけではありません。
  • 他のバージョンのWindows7、8.1やOfficeもイメージファイルはここから落とせます。使用するには正規ライセンスを証明するプロダクトキーが必要です。

「Windows 10 のダウンロード」ページ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Surface Pro 3でキャプチャを撮る。

毎回、検索しちゃうので。

TypeCoverキーボード があるので、Ctrl (Windowsキーでもいいけど)+ Fn + Space で。

保存先 OneDrive\画像\スクリーンショット

スクリーンショットに成功すると、画面右下にOneDriveのインフォメーションアラートがでる。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

コントロールパネル(コンパネ:Control Panel)をWindows10でも出す。

Windows10の作法には早くなれるべきだと思いつつ、今まで使えていた「コンパネ」なら、あそこの設定をゴニョゴニョするだけなのに~って時が来るかもしれない。人間は永年使ってれば、どんな複雑なUIも熟れたものだから、1分1秒を争うときには古くさくても使えることのほうが重要。

とりあえず設定を変更出来るように、デスクトップに「コンパネ」出しておこう。

パーソナル設定 > テーマ > デスクトップ アイコンの設定 > コントロールパネル >>>>> 適用(またはOK)

Windows10でコントロールパネルを復活する方法

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OneDriveからファイルをダウンロードする

OneDriveがSkyDriveだったころに作ったアカウントは、独自ドメインのものでした。

その後、Surface Pro 3を購入した際、MSアカウントで環境を構築していったので、都合2つのアカウントをもっていますが、面倒です。どうせなら、MSアカウントに統合したいのですが、写真が若干ある・・・Eye-Fiで自動アップロードしていたやつです。

とりあえず、フォルダ1個なので、ダウンロードして、ローカルに保存しなおせばいいかなと思ってたのに「ダウンロード」ボタンだけ機能しない!

検索してもズバリという解決策がないのですが、どうもブラウザのせいっぽい。

OneDriveからファイルをダウンロードする

Edgeではできません。(オイオイ)私はFirefoxでダウンロードできました。手順は、それまでと全く同じ。ダウンロードしたいOneDrive上のフォルダを選択して、ダウンロードするだけです。ZIPが落ちます。ただし、0KBなので、使えません。

Google Chromeで解決でした。何なんだ! あと、サーバーが激遅です。ダウンロードが終わらない。

Edge、私的には気に入って使っていたので、残念というかモヤりますね。(游ゴシックフォントが気に入った理由かもw)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

端末からは見えないKoboクラウドからの書籍データのダウンロード方法

koboで購入した本が消えた!(ように見える理由)

koboも本の数が増えてきたら、kobo端末ではなくクラウドで本を管理しなくてはいけなくなります。コレは、端末やアプリの性能限界らしいので安い端末では仕方のない事と考えます。当初はすべての購入書籍を端末にダウンロードしていたので、わたしは大丈夫かなぁと思っていたのです。

だって、20冊位なら管理できますが、この遅い端末に数百の書籍が入るなんて想像できなかったのです。案の定、koboでは、端末の外に「クラウド」というサーバーに書籍を置いておくスペースが出来ました。とりあえず、これで数千冊くらいは大丈夫そうです。

kobo端末の中にある書籍はダウンロード済かどうかにかかわらずライブラリに収められ、ダウンロードすればその端末で読むことが出来ます。端末とデスクトップアプリとAndroid/iOSアプリは、ライブラリは同じものを参照してタイトルは同じにします。その結果、書籍は、ある端末ではダウンロード済みであったり、他の端末では未ダウンロードのままだったりします。

楽天koboは、ライブラリには、50冊程度しか置かないでと言ってます。koboが生まれた海外では、テキスト(しかも、アルファベット)中心と想像すると、日本では漫画コンテンツが非常に多く、しかも、漫画ばかり数百冊という予測していた以上にへビ-な使い方を多くののユーザーがするので、焦ったのではないかと思います。
テキスト中心なら500冊に耐えられるライブラリも、さすがに漫画では、50冊が限界。なんとなくそんな気がしました。

ともかく、koboが推奨するようにライブラリに表示する数を減らすには、端末から削除するわけですが、削除した書籍タイトルは、ライブラリにはなくクラウドにあるので、ライブラリ内とストア内しか検索できないkobo端末では、端末に復活したいタイトルを知りようがありません。

仮に、そのタイトルを知っていてもPCブラウザでアクセスしないと戻せそうにないのですが......

しかし焦ります。なにせ購入したはずの本を探せないため復活しようが無いのですから。まさに「消えた!」と言いたくなる瞬間です。本気で、割引の条件に閲覧期間の限定があったかと思いました(そんなことはないはず)w

PCブラウザで「koboマイライブラリ」から復活!

しかし、安心してください。デスクトップアプリやkobo端末のライブラリにはバグがあるようで、購入した書籍でもダウンロードしたものや、一部の購入本しか無く、すべてを閲覧し見つけるのが非常に困難です。

books_mypage_mylibrary

そこで、楽天ブックスのMyページにあるKoboマイライブラリ(電子書籍)を開き端末側で見えなくなっている「同期OFF」に設定されている本を「同期ON」にします。

同期ONとOFF

私は、復活方法がわかった時点で「同期ON」はやめました。また端末が重くなると困るのでw

とりあえず、これで解決。一瞬、本気でKindleへ乗り換えようかと思ってしまいましたw
端末の「ライブラリ」って言葉の定義が当初と変わってきていますね。リリースしたばかりでは「クラウド」という概念がなく、すべて購入情報か書籍そのものをダウンロードしていたので混乱しているようです。

まあ、消えなければ良いですが、Android/iOSアプリやデスクトップアプリでも「クラウド」の本書籍が見えるようにして欲しいです。(kobo端末は遅いので諦めますが......)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Feeds
About

supported by TOGORU

Return to page top